ヨガビリー ロゴ

​SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「私たちの世界を変革する:持続可能な開発のための2030 アジェンダ」が採択されました。このアジェンダでは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として宣言及び目標が掲げられています。

持続可能な開発目標(SDGs)は、17の目標と169のターゲットから構成されています。

ヨガビリージャパンの取り組み

すべての人に健康と福祉を

ヨガビリージャパンでは、SDGs17の国際目標の「3 すべての人に健康と福祉を」を目標としています。ヨガにリハビリ療法と東洋医学の利点を融合したヨガビリーは、体力に自信がない方、柔軟性や運動経験問わず、障がいをお持ちの方でも、いくつになっても誰でも続けられる進化系ヨガプログラムです。人生100年と言われる時代を生きていく私たちは、国や行政だけを頼りにするのではなく、自分の力で健康な生活を続けていくことが必要となっています。医療に依存せず、地域や社会のコミュニティに参加し、日常の中で心身の機能を高めていくことで、高齢化社会においても一人一人のQOL(生活の質)を向上させることができると考えております。

私たちはヨガビリーのプログラムやコミュニティを通じて、すべての人が健康で自分らしい生活を送ることができるよう貢献して参ります。

バナーSDGSを支援しています.png
代表Michikoのブログ
全国に想いを届けようキャンペーン
直営スタジオ情報
チーム新湯治.gif

​環境省の取り組みである温泉地を中心とした多様なネットワークづくりを目指した「チーム新・湯治」に参加しています